投稿

6月, 2009の投稿を表示しています

社会保険から家族埋葬料が受け取れる?

父親は、自分の扶養家族になっていたので、社会保険から「家族埋葬料」というものが受け取れるらしい。 平成18年までは10万円だったらしいが、現在は5万円だそうだ。 それでも、これだけもらえると助かる。 せっかく保険料を払っているので、もらわないと損。 でも、なかなかそういった制度があること知らないよね・・・・

葬儀費用

・葬儀屋への支払い 40万
・お寺への支払い 20万
・おもてなし料理等 10万 まだ未定費用
・仏壇
・49日法要費用
・永代供養費用
・病院への費用 小さな葬儀だったが軽く100万は越える。
へたすると200万ぐらいいくか? やはりある程度の蓄えは必要だと本当に思う。
父の場合、いろいろな問題で保険にも入ってなかったからな。

病理解剖

父親の死因は進行性癌による心不全なのだが、全身に転移した元となる癌は検査ではわかっていなかった。そこで病院としても、きちんと原因を調べさせて欲しいということで、病理解剖のお願いをされていた。
自分としては、父親の死のきちんとした原因などはどうでも良いと思ったが、少しでも人のためになるならということで了解していた。病理解剖は、たまたま担当の先生の予定が空いていたということで、14時死亡で17時30分にはきちんとしてもらい病院を出ることが出来た。詳しいことはまだこれから調べてレポートしてくれるらしいが、思った以上にいろいろな箇所に転移が見られていたらしい。
当初予想していた膵臓癌が元ではないということはわかったようだ。父親も、少しなりとも医学の発展に貢献できるのならば喜んでいるだろう。斎場、お寺の手配など初めてのことで、わけがわからなかったが、叔父(父親の兄)がいろいろと手配をしてくれたのなんとかなった。
自分だけだったら、葬儀屋にすべてお願いして相場もわからずに、自分たちにとって都合が良いのか悪いのか、高いのか安いのかもわからず言われるままにしていただろう。
叔父もそういった経験があるらしい。

14時06分

父親が他界しました。 ちょうど母親と交代してたときなので、死に目には会えず。でもかなり長い時間付き添えたので後悔はないかな?

SpO2が80に

SpO2の値が80ぐらいになってきた。意識ももうろうとしている感じで、目の焦点もあっていないことが多いように思う。こちらの呼びかけには反応するが、言葉で返すのはつらくなってきているようだ。

SpO2下限アラーム

イメージ
痛みどめも12ml/hになった。 心臓の波を測る機械の値もHRが120にあがり、SpO2は84を下回った。
84を下回るとアラームがなるので、良くない状況らしい。
今までも時々アラームなったが、今回ほど長く続くことはなかった。 痛みを訴えることばもかなり弱くなってきたように思う。

喉が渇くらしい

痛み止めを増したおかげか、少し寝ることができたようだ。
目が覚めてナースコールを自分でして看護士に何か話していたようだが、夢の中の話といろいろ混ざっていたようだ。
以前からのどの渇きは訴えていたのだが、痛み止めをついかしてからは、ほとんど水を飲んではいけないといわれかなりつらそうだ。
しきりに水をくれと要求してくるが、むせる可能性が高く飲ませないように!といわれているので、駄目だというほうもつらい。

10ml

痛みどめを増やしては寝て起きを繰り返し、ついに10ml/h最初の5倍だ。 1時間ぐらい寝てくれないかな?

心臓の波測る機械登場

今朝は熱がかなりあったようだが、今は下がっている。 昼間は母親に代わってもらってシャワーと昼寝をしてきた。
すごい雷でおこされた。 病院へ戻ってくると、よくテレビでみる心臓の波を測るオシロスコープみたいな機械が設置されていた。 HRってのが100ちょっとくらいなんだけど、これが0になるとピーってなるんだね。 点滴と一緒に痛み止めの薬も追加されている。
それでも痛いらしく、6ml/hから7ml/hにしてもらった。
薬に張ってある紙をみると2ml/hとかいてあるのでもう3倍以上になっている。

喉が渇くらしい

3時、ふと目をさますと親父が起き上がっていた。
氷枕の氷を取り出そうと氷枕の口を開けていた。 喉が渇くらしいが飲水制限のため、看護婦からは口を湿らす程度と言われてるがそれでは我慢できないらしい。
看護婦には内緒で少しずつ水を飲ませている。 4時、ナースコール 呼吸が苦しくて呼んだようだ。
ベッドをおこして呼吸を楽にしようとするが、起こすと体が痛いらしい。
痛みどめをうって、ベッドもちょうどよい角度を探して少し落ち着いた。

今夜が山

おやじが「がん」で入院中。
先日から呼吸がしにくくなって危険な状況になったこともあったようだが、ついに医者から「今夜が山かも」といわれ夜中も家族がついてるように言われた。 22時の段階では呼吸は苦しそうだが会話もできる状態だった。
絶食だし水も少ししかのんじゃだめと言われてることに怒っていた。 今は呼吸は苦しそうだが寝ている。 自分は入院もしたことないので、病院で寝るのは初めての経験だ。 こうして親父と同じ部屋で寝るのは何年ぶりだろう?20年ぶり以上かな。 時間をもてあますだろうと雑誌を何冊か買ってきたが、看護婦さんに電気を消されてしまった。
まぶしいと親父も寝れないだろうからしかたない。

地デジが見れるLT-H90DTV購入

イメージ
24インチのワイドモニターを購入したので、思い切ってチューナーも地デジにしてみた。 バッファローの地デジも見れるメディアプレーヤー「LT-H90dTV」 http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/lt-h90/chideji.html20,000円で購入。 外付けHDDをUSBで接続することで、地デジの録画もできる。 24インチのモニター20,000円とセットで4万円で地デジ録画セットって安くない? メディアプレーヤー機能もあるので、PCやNAS上の動画ファイルや音楽ファイルの再生も出来る。 でも、録画機能はあまり高機能ではなく、番組表からの予約録画は可能だが、録画中の追っかけ再生も出来ない。(この機能は欲しかった・・・・) 1.2倍速再生はなかなか使える機能なので残念。 最近は、3万円台でHDMI対応の地デジHDDレコーダーも買えるようなので、そっちにしとけばよかったかも。 追っかけ再生も当然出来るし、メールでの予約機能や予約確認なんかもできるっぽい。