2011年10月23日日曜日

文庫本カバーをKindle4のカバーに

Kindle4のカバーに、文庫本カバーを使ってみた。
文庫本用のカバーに両面テープでKindleをくっつけただけ。

純正ケースも良さそうでしたが、KindleDXの純正ケースがあまりに重くちょっと残念だったので、せっかく軽量なKindle4が残念なことにならないように、工夫してみた。


Kindle4自体、文庫本より大きなサイズなので文庫本用カバーのサイズとほとんど同じ。
微妙にはみ出るかツライチな感じ。
画面部分が保護できればいいので、とりあえずこれで使ってみる。

簡単にできるわりに、ジャストサイズなのでおすすめ。

2011年10月11日火曜日

SO-01B DOCOMO版ROMに戻した

カスタムファームをいれたXPERIAを、純正ファームに戻した。

http://xperia.sub.jp/wp/another/2011/07/30/backto2-1/
ここをみてこのとおりにやったら簡単に純正に。

Xperia Rayも簡単にrootとれるといいんだけど、いろいろとめんどくさそう。

2011年10月8日土曜日

i'm WATCH ポチッとした

Android搭載腕時計「i'm WATCH」を予約した。

Bluetoothでスマートフォント通信し、腕時計自体にもAndroidOSを搭載。
日本語にも対応。

バッテリーは400mA。
Bluetooth接続時の待ち受けで30時間。
スピーカーフォンでの通話3時間。
ということなので、普通につかって1日くらいは持ちそう。

プレオーダー中ということで、半金払うと、50ユーロ割引。

さて、いつ届くのでしょうか?

2011年9月11日日曜日

Tokai GTUG 復活ミーティングに参加したよ

9/10に行われた、「東海GTUG復活!第1回ミーティング」に参加してきた。

そもそも、GTUGってものも聞いたことはあるけど、よくわかんないって程度だったんだけど、とても面白かった。

GTUG(ジータグって読むらしい)ってのは、Google Technology Users Groupで、グーグルの技術についていろいろ勉強しましょうよ!ってグループらしく、全世界にユーザーグループがあり、日本にもいくつかのグループがあるらしい。
東海地区のグループが、東海GTUGってことだそうな。

今回のミーティングは、グーグルの松尾さんって方が、Google App Engineについて、初歩的なことから教えていただきました。

Google App Engineってのは、グーグルのクラウドサーバーを使って、PythonやJAVAが動くサーバーサービスの技術らしい。
無料枠でもかなりのことが可能らしいし、従量制にはなるがすごいトラフィックや不可にも耐えれるように自動でスケーリングもしてくれる。

ちょっと、がんばって勉強してみようってきにさせてくれましたよ!

懇親会も参加させてもらって、松尾さんとおしゃべりさせてもらいましたが、楽しいおじさんです。(といっても、自分より若いんですけどね)
おじさんの昔話で話が弾んでしまいました。

やっぱり、懇親会は重要ですな!

東海GTUG : https://groups.google.com/group/tokai-gtug
Google App Engine : http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/whatisgoogleappengine.html
松尾さんのBLOG : http://blog.shehas.net/ (当然Google App Engineで動いています)

2011年9月6日火曜日

どなって、どうなる?

今日はやらかしてしまった。

せっかく報告、相談しにきたスタッフに、どなってしまった。
それも、本題とは、ずれたことで・・・

それでは、当事者も周りも、報告、相談しにくい雰囲気をつくりだしただけ、誰のとくにもならない。

どなって、自分が正しいと主張したかったのか?

もっと、スタッフが伸び伸びと能力を発揮できる環境を作って行かなければ!


これをいつも目に入るところに置いておく!

2011年8月23日火曜日

ThGo2 V.2.0.0インストール

Xperia SO-01BにThGo2 v.2.0.0をインストールした。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1193001


フルワイプして入れてみた。
  1. ThGo2_v2.0.zip
  2. Addon_Email.zip
  3. Addon_widgets_music_v1.zip
  4. GPS_fix2_JP.zip
v.1.2のときと違い、「ミュージック」もプラグインで入れる必要があった。

あと、PoBOXも上記だけでは入らないので、
JapaneseIME4.3.apk
もダウンロードしてインストールする必要があった。

いろいろなアプリをリストアしたり設定をしたりしたが、バッテリー持ちは非常によいように思う。

これはいいかもしれない。



2011年8月14日日曜日

Xperia SO-01Bに、ThGo2 v1.3.0導入

ThGo2を導入して、Android2.3.3にアップデートした。

ThGo2 v1.3.0
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1193001

  1. 上記ページにリンクが張られている以下のファイルをダウンロード
  2. TitaniumBackupで、システムデータと必要なアプリのバックアップ
  3. Flashtoolの準備
    1. Flashtoolを展開
    2. X10i 3.0.1.G.0.75 only kernel baseband.7zを展開し、ftfをFlashtoolのfirmwaresフォルダにコピー
  4. xRecoveryのアップデート
    1. FlashToolを起動
    2. XperiaをパソコンにUSBで接続(USBデバッグ接続を有効にしておく)
    3. FlashToolでxRecoveryをクリック
  5. xRecoveryでのバックアップ
    1. Xperiaを再起動し、xRecoveryを起動。(再起動時にボリュームキーのマイナス側を何度か1秒くらいの長押し)
    2. Backup&RecoveryでBackup(ボリュームキーでカーソル移動、Homeキーで決定)
    3. PCに接続してバックアップファイルを保存(いつか使うかも?)
  6. カスタムROMインストール
    1. XperiaのマイクロSDにカスタムROMとaddonのzipファイルをコピー
    2. Xperiaを再起動し、xRecoveryを起動。(再起動時にボリュームキーのマイナス側を何度か1秒くらいの長押し)
    3. 各種初期化
      • Factory Reset
      • Wipe Cache Partitin
      • Wipe Dalvik Cache
      • Wipe Battery Status
    4. Install Cunstum Zip -> Choose custum zip from sdcardで以下の順にインストール
      • ThGo2_v1.3.0.zip
      • Addon_Email.zip
      • gb-GoroSpecial-addon1.zip
      • GPS_fix_JP.zip
    5. xRecoveryのTOPメニューに戻って、電源ボタンを押す。
       メニューが消えて画面に何も表示されない状態になるので、ここでバッテリーを抜く。
       ※rebootすると文鎮化するらしい。
    6. 電池を抜いて数分放置
  7. ベースバンド変更
    1. PC上でFlashtool起動
    2. 左上のFlashボタンをクリック
    3. X10i_3.0.1.G.0.75_only kernel_baseband.ftfを選択
    4. 画面に従い、Xperiaを電源を切った状態でバックキーを押しながらUSBで接続
    5. 終了後、Xperiaを起動させる。
  8. APN設定後、Androidマーケット起動でアカウント登録、TitaniumBackupをインストールし、アプリと設定を復帰。

カメラのズームもできるし、まったく問題なく常用できそう。

2011年7月22日金曜日

HTML5とJavaScriptでのゲームエンジン

「enchant.js」でゲームを作ろう! HTML5とJavaScriptによるアクションゲーム制作入門
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20110428001/

PCはもちろんのことスマートフォンにも対応しているらしい。
マップエディターなんかもあって、簡単にスクロール背景を作成できるようだ。

サンプルをAndroidやiPhoneで動かしてみたが、なかなかスムーズに動作する。

PCでもスマートフォンでもブラウザ上で動作するゲームをつくるのに使えそう。
あまり凝ったものはできないだろうが・・・・・

2011年7月15日金曜日

マインドマップツール「FreeMind」

今更かもしれませんが、マインドマップをはじめて使ってみた。

マインドマップとは、
こんな感じの図で、階層構造を持ったキーワードをつなげて行きアイデアをまとめて行く手法。

アイデアをまとめたり、作業項目の割り出しなどに使ってみようかと思って・・・・

とりあえずフリーで使える「FreeMind」というツールを使ってみることにする。
http://freemind.asia/index.html
JAVAアプリでMacでもWindowsでも利用可能。
会社のWindowsで作ってみたデータを、家のMacで読み込んでも全く同じように表示された。

Webサービスのマインドマップツールもあったので試してみたが、いくつか問題があり「FreeMind」にしてみた。

■EasyStep
http://www.easystep.jp/
文字入力に若干問題があるようで、うまくペーストできなかったり、Macでは日本語が入力できなくなったり。
友達とデータを共有できるらしいが、同時に編集できる訳ではないらしい。
そもそも友達を招待する方法がわからなかったので、試せていないが・・・
しかし、簡単操作でデフォルトできれいな図がかけるのはすばらしい。

■Mindomo
http://www.mindomo.com/
Googleアカウントで簡単にログインできた。
データの共有も簡単で、同時編集も可能だった。
ただ、動作が遅い。メニューの表示やファイル一覧などでかなり読み込み待ちが発生するのが厳しい。

2011年6月25日土曜日

クラウドドローツール「Cacoo」を使ってみた

ネットワーク上で共同で図がかけるドローツール「Cacoo」を使ってみた。

ネットワーク図やフローチャート、スマートフォンの画面レイアウトなどが比較的簡単にブラウザだけで作れる。
基本無料で使える。
多くの図を作成したり、きれいに印刷しようとすると有料アカウントにしないと駄目らしい。

試しにマイルームのネットワーク機材の図を書いてみた。


https://cacoo.com/r/5LKLg
ここから無料登録してくれると、紹介した人もされた人も作れるシートが5枚増えるらしい。

2011年4月30日土曜日

MacにAndroid開発環境

以下のサイトなどを参考に、MacにAndroid開発環境を入れてみた。

Macに「eclipse」、「Android SDK」をインストールしてAndroid開発環境を整える
http://blog.flatlabs.net/20100429_115034/

Windowsと違って、Android端末をつなぐためのドライバーをインストールしなくていいので楽だった。


次は、NDKにチャレンジ。
NDKはWindowsでも入れたことがなかったので、とりあえずやってみるが、Makeコマンドがないとおこられる。
makeコマンドは、Xcodeに入っているらしいが、Xcodeのインストールファイルがなんと4GB以上ある。
これを入れないといけないのか?

2011年4月21日木曜日

Pogoplug使ってみた

簡単に外からアクセス可能になるNASアダプター「Pogoplug」を購入してみた。
http://www.amazon.co.jp/Cloud-Engines-POGO-P25-Pogoplug-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B004K1ELFA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1303312976&sr=8-1

通常のNASと違って、簡単な登録作業で、外からアクセス可能になる。

クライアントソフトをインストールすることで、ローカルドライブと同じように扱える。
LAN内でも、外からのアクセスでもローカルドライブとして扱える。
MacもWinもAndroidもiPhoneもクライアントソフトがある。

外からのアクセスは、早いとはいえないが、気軽に大容量のストレージにアクセスできるのは安心できる。 Dropboxなどは無料版ではあまり容量がないが、Pogoplugは月額費用などなく、容量はほぼ無制限。

便利な機能としては、ファイルを共有設定すると、2週間だけ有効なURLが発行され、そのURLを人に教えてファイルにアクセスしてもらえる。
発行されたURLでのアクセスが2週間後には、アクセスできなくなるらしいので、ファイルが消える訳でもないし、自分で共有管理をしなくていいので楽。

DLNAサーバー機能を有効にして、LinkTheaterからアクセスしてみたが、動画が低画質になってしまう。
PCからファイルを直接再生する分には高解像度なのに・・・・
どうやら、DLNA経由では自動的に低解像度にしてくれるらしい。
たぶん、外からのアクセスを考えてのことなのだろう。

これを回避するには、OpenPogoというもので、SambaをPogoPlugにインストールして、Smb経由でLinkTheaterからみれば良さそう。

2011年4月19日火曜日

自炊環境構築

本をスキャンしてPDF化するための機材を一式そろえた。

あまり設置場所をとらないことを重視して以下を購入。

1.ドキュメントスキャナ「FUJITSU ScanSnap S1300」
2.カッティングマット OLFA K A4 134B
3.カッター オルファ リミテッドNL LTD-07
4.ロータリーカッター LL型
5.カッター定規 シンワ アル助ゴム付 300mm


■この機材での本のスキャン方法
  1. ロータリーカッターでカットできる厚さ(1cmぐらい)に、カッターで切り離す。 
  2. 本の接着面をロータリーカッターと定規で切り落とす。 
  3. 2をばらした分おこなう。 
  4. ドキュメントスキャナーでスキャン 
  5. ChainLPというソフトで、KindleDXサイズに変換。 
まだ、ChainLPの設定が使いこなせず、解像度落としたのにファイルサイズが大きなってしまうことがある。

ScanSnap1300は上記機種に比べると速度は遅いが、圧倒的に設置面積が小さいので、こちらにして正解だと思っている。

2011年4月11日月曜日

パスワード管理に「LastPass」導入

パスワードの管理に今までは「ID Manger」を使っていたが、Macには対応していない。

WindowsもMacも、さらにはAndroidにも対応しているものを探したところ、
「LastPass」というのを発見した。

各種ブラウザの拡張機能として組み込まれるので、自動的にフォームにアカウントやパスワードが入る。
データは、サーバー上で管理されるので、データの共有もばっちり。

WindowsとMac両方のChromeブラウザに入れてみたが、お互いに共有できた。
日本語のデータも化けることなく共有できる。
まだ使いこなせていないが、いろいろ使えると思う。

Android版も今度試そうと思う。

2011年4月9日土曜日

Mac起動音を消す

Macの起動音が「ジャーン!」って鳴り響いて恥ずかしかったので、起動音をミュートするようにした。

StartupSound.prefPane http://www5e.biglobe.ne.jp/~arcana/StartupSound/BETA/

これをインストールすると、「システム環境設定」に「起動音」という項目が追加され、そこで起動音の音量を制御できるようになる。

スライダーを一番左に設定すればミュートになる。

2011年4月6日水曜日

MacBook Air 11インチ用ケース購入

本体に装着するタイプのケースを買ってみた。

この写真よりも本物は、本体のアルミの色が透過してもっとグレーっぽい落ち着いた感じ。
すごくいい色合いがでている。

使った感じは、キーを打つときにちょうど手を置く位置に固定用の引っ掛ける部分がちょっと出ていて若干手に当たって邪魔な感じがするが、サイズもぴったりで、ゆるみもないしとてもよい。

Amazonでもかえるが、大須のグッドウィルにできたケースショップで買った。
送料分安いからね。

MacBook Air 11.6インチ用 10colors シェルケース(グリーンクリア) 

2011年4月4日月曜日

Macショートカット

Macも便利なショートカットがいろいろあるらしい。

http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20101122/1290367054

特に自分が気に入ったのは、
「command + option + イジェクト(F12)」
スリープ

スリープからの復帰が早い、MacBook Airなら、ふたを閉じるほどでなくても、このショートカットキーでマメにスリープにすることで、バッテリー駆動時間を稼ぐことができるのでは?

Macでスクリーンショットをとる方法

以下のショートカットでデスクトップにPNG形式でスクリーンショットが作成される。

1.画面全体
「command + shift + 3」

2.範囲を選択
「command + shift + 4」
スナップショットをとる範囲をドラッグで指定する。
スペースキーを押すとウィンドウ単位でスクリーンショットが撮れる。

参考:
http://labs.unoh.net/2008/09/screencapture-on-mac.html

2011年4月3日日曜日

MacBook Air 11インチ購入

初めてのMac。
いろいろと操作に苦労してるけど、この軽さはすばらしい。

2011年3月27日日曜日

XPERIA:海外ファーム+CM6.1.3 v5導入

「魔法のn行」を入れてみたところ、2割ぐらいバッテリーの持ちがよくなったような気がする。

海外ファームを導入すると、よりバッテリー持ちがよくなるということなのでやってみる。

http://xperia.sub.jp/wp/another/2011/02/12/change-baseband/
このサイトのとおりにやったらうまくいったようだ。

ベースバンドバージョンが2.1.54、ビルド番号が2.1.A.0.435になっていた。

rootもとって、xRecoveryも導入。

続いて、CM6.1.3 v5の導入。

http://ovaloffice.jp/archives/2011/03/27/5882.html
を参考にするが、上記はドコモフォームを使うやり方なので、toDocomoFarmのところは無視。

アクセスポイントの設定がデフォルトで定額になっていないので、「NTT Docomo」という設定を選択するとスマートフォン定額になる。以下サイトを参照。
http://cameme.net/xperia/root/Article10965/

文字フォントが変わっている。
バッテリーの持ちはよくなったのか?
これも、魔法のn行入れないとだめかも?

2011年3月24日木曜日

CM6.1.3 v4.5.7を入れてみた

XPERIAにCM6.1.3 v4.5.7を入れて数日使ってみた。

v4.1もv.4.4もそうだったけど、やっぱりバッテリーの持ちがあまりよくない。
1時間にだいたい10%ぐらい減っていくので、10時間持たない。

予備バッテリーを常に持ち歩いているので、途中で交換すれば1日の活動には問題ないのだが、できれば交換なしで1日持たせたい。

スリープ中の電池の減りがあまり変わらないのが気になる。
スリープ中はもっと伸びないものか・・・・・・

今は、ドコモファームのままだが、海外ファームにするとバッテリーの持ちがよくなるというのをどこかで見た。

でも、その前に「魔法のn行」ってやつを試してみることにした。
効果あるかな?

 

関係ないけど、今のホーム画面、

XPERIA_HOME_20110324

結構気に入ってます!

2011年3月16日水曜日

[Cyanogen6.1.3]gingerbread[v01]入れてみた

Xperiaに、カスタムROMの[Cyanogen6.1.3]gingerbread[v01]をいれてみた。

CM6.1.3 v4.1のときとほとんど同じやりかたでいけた。

とくに、CM6.1.3 v4.1と機能的には大きく変わらないが、電池持ちは若干いいかな?程度。

CM6.1.3 も、 v4.4が出ているの、それもいれてみようかな?

2011年3月7日月曜日

無線LANがよく切れるのでCh変更

最近無線LANがよく切れるので、
Androidの「Wifi Analyzer」というアプリを使って、無線LANの電波状況を調べてみた。

かなりの数のAPがあり、混線状態だった。

自分のAPはCH自動設定にしてあったが、他のAPとCHが重なっていることはなかったが、すぐ近くのCHのAPがたくさんあり不安定だったのかも?

とりあえず「Wifi Analyzer」のお勧めの13CHにしてみた。

切れにくくなった気はするが、これを書いている間に一度切断された・・・

もう少し様子見だな・・・

2011年3月5日土曜日

Xperia SO-01B にCM6.1.3 v4.1を導入

以下サイトを参考にしてやってみたら、すんなりできた!

http://ovaloffice.jp/archives/2011/03/04/5839.html

 

◯ダウンロード

xdaから、CM6.1.3 v4.1関連ファイルをダウンロード
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=945264
・CMUpdate-V4.1.zip [Doesnt wipe anything]
・CM-6.1.3-V4.zip
・CM-V4Gapps.zip
・Newest Market:

ドコモファームでインストールできるようにするツール
http://ux.getuploader.com/usdedic01/download/36/toDocomoFarm.zip
・toDocomoFarm

文字の入力アプリ
http://ux.getuploader.com/usdedic01/download/37/pobox_4.0.zip
・POBox_4.0

上記4つのファイルをSDカードに保存。

 

◯インストール

1.xRecovery起動。
2.Factory Reset実行。
3.Wipe Cache Partition実行。
4.Advanced options/Wipe Dalvik Cache実行。
5.Advanced options/Wipe Battery Stats実行。

・Install custom zipからインストール
1.CM6.1.3-V4.zipのインストール。
2.CMUpdate-V4.1.zipのインストール。
3.toDocomoFarmのインストール。
4.CM-V4Gapps.zipのインストール。
5.Reboot Phone(再起動)

 

◯再起動後

・X10iの使用方法 は スキップ
・Googleアカウントの設定 スキップ
・APの設定を変更し、アンドロイドマーケットに接続。
 ここでグーグルアカウントを入力。
・TituniumBackupをダウンロード。
・TituniumBackupで、Wifiの設定やら、アカウントの設定やらを戻してある程度使える状態に。

 

◯POBoxのインストール

xRecoveryでそのまま実行するとPOBox起動時にエラーになるのでインストール前に下準備が必要。
*SUFBSなどのシステムに書込みできるファイルマネージャーが必要ということでSU Filemanager をマーケットからインストール。

1.system/build.propのパーミッションを「757」に。
2.system/build.propをファイルエディター開く。
3.「ro.product.manufacturer=」 が「SE」と書かれているので、「Sony Ericsson」に修正。
4.保存後、system/build.propのパーミッションを「644」に戻す。

 

◯インストール

1.xRecoveryを起動し、Install custom zip。
2.pobox_4.0.zipをインストール。
3.Newest Market.zipをインストール。
4.Reboot(再起動)で完了。

とりあえず日本語入力もできるようになった。

 

◯ちょっと使ってみて

 カメラは、動画は緑の横線がいっぱいで使えない。
 静止画もズームが使えない。

XPERIA SO-01B root化 (FlashTool)

http://ovaloffice.jp/archives/2010/12/15/5384.html
を参考にルート化。

xdaに登録し、z4rootをダウンロード、インストール、実行したがうまくいかなかった。
マルチタップ対応版にアップデートしてからは、z4rootではだめなようで、
http://ovaloffice.jp/archives/2011/01/20/5655.html
を参考に、Flash Toolを使ってみた。

問題なくroot化できた。

このFlashToolで、xRecoveryやBusyBoxもインストールできるようなのでインストール。

1.XPERIAのドロワーから「Superuser」を起動した状態で、FlashToolの「Ask Root Perms」ボタンをクリック。
これで、(root needed)のメニューが使えるようになる。
2.[Advanced]-[Install xRecovery]
3.[Advanced]-[Install BusyBox]
これは、すでにBusyBoxがインストールされていると表示されてしまった。

xRecoveryの使い方は、
http://cameme.net/xperia/xperia_application/Article9846/
を参考にしてとりあえず、バックアップを取ってみた。

8分ほどかかった。

2011年2月7日月曜日

金ぴかポスト

先日何気に栄を歩いていたらこんなものを発見!

DSC00693

このシリーズは他にもあるのだろうか?

2011年1月16日日曜日

雪景色

DSC00691DSC00684DSC00682

DSC00674DSC00673

名古屋でも、結構降ったね!

Googleドキュメントについての記事

仕事用に調べたので、ついでにこっちにも投稿しておきます!


Googleドキュメントは、複数人で同時編集ができるのでとても便利です。

以下記事をみて、再度グーグルドキュメントのすばらしさを確認しましょう!
(意外に知らなかったことが書いてあります)

Googleドキュメント-ファイル共有でリアルタイム共同編集ができる

http://webiitoko.blog42.fc2.com/blog-entry-15.html
  1. Googleドキュメントとは?
  2. Googleドキュメント - ファイルを共有してリアルタイム共同編集ができる
  3. Googleドキュメント - 共同編集でチャット機能が使える
  4. Googleドキュメント - ドラッグ&ドロップでファイル分類ができる
  5. Googleドキュメント - MSOffice, OpenOffice, PDFなど、様々なファイル形式で保存できる
  6. Google文書とプレゼンは5000個まで、スプレッドシートは1000個まで保存できる←アカウントあたりだからAPPSではどうなの? 
  7. Googleアカウントがないと一部のGoogleドキュメントしか閲覧できない!?
  8. Googleプレゼンテーションを Microsoft PowerPoint(ppt)形式で保存できない
  9. ファイル管理でフォルダがドラッグ&ドロップで操作できない


Googleスプレッドシートの使い方 編集と印刷でできること、できないこと

http://webiitoko.blog42.fc2.com/blog-entry-67.html
  1. Googleスプレッドシートで書式設定をする ←(コンパクト表示必須!!! いまは「コントロールを縮小」ってなってるみたい)
    データの表示形式を設定する
    フォントやセルの書式設定をする
    条件に応じて色を変更する
  2. Googleスプレッドシートで数式をつかう
  3. Googleスプレッドシートで連続データを自動入力する ←説明は曜日だけど、数字の連続データもできましたよ!
  4. Googleスプレッドシート - 行見出し、列見出しの固定とデータの並べ替え
  5. Googleスプレッドシートでグラフを作成する
  6. Googleスプレッドシートを印刷する


Googleドキュメントの使い方 編集と印刷でできること、できないこと

http://webiitoko.blog42.fc2.com/blog-entry-66.html
  1. Googleドキュメントにスタイルを設定する ←「固定幅のページ表示」必須?
  2. Googleドキュメント - 文書全体のスタイルを設定する
  3. Googleドキュメント - 見出しスタイルを設定する
  4. Googleドキュメント - インデントと配置を設定する
  5. Googleドキュメントでテキストの書式設定をする
  6. Googleドキュメントで表やリストを作成する
  7. Googleドキュメントに画像を挿入する
  8. Googleドキュメントを印刷する


Google Apps Script 簡単なスクリプトのサンプルを作成してスプレッドシートで実行する

http://webiitoko.blog42.fc2.com/blog-entry-222.html
  1. Google Apps Scriptとは?
  2. Google Apps Script スクリプトエディタでスクリプトを作成する
  3. Google Apps Script サンプルスクリプトを実行する ←グーグルサーバー上で決まった時間に実行できるぞ!「トリガー」


スクリプトまで使えば、何かの自動集計とかも簡単にできちゃうかも?

2011年1月15日土曜日

卓上メモ「mamemo(マメモ)」購入

電子メモを購入。

すぐにいろいろ忘れてしまうので結構便利。

メモしておいて、あとでやらないといけないことは、ToDo機能で決まった日時にアラームとともにメモを表示できるので、忘れることが少ない。

1日の終わりや、ちょっとした時間にメモをざっと見直すことで、忘れていた作業や、次にしなければならないことを確実にこなせる。

いい買い物をしたかも。

2011年1月11日火曜日

透明なスピーカースタンド作製

アクリルの板と角材でスピーカースタンドを作製してみた。

P1000573

見る角度によっては、角材がほとんど見えず、スピーカーが宙に浮いているようにもみえる。

 

P1000575

 

材料は、

  • アクリル 丸板 (380円)  x 4個
  • アクリル 50cm角材 (703円) x 2本
  • アクリル用接着剤 (640円)

合計、3,566円。

 

すぐに接着部がポキっといってしまいそうだが、折れたら角材を3本でもう一度作ってみようかな?