asteriskの内線転送

asteriskの内線転送は2種類あります。

1.ブラインド転送
  転送先の内線の受話器をあげた瞬間に発信してきた人につながります。

2.仲介転送
  転送先と転送元の人が会話でき、転送元の人が受話器を置くと、発信者とつながります。

asteriskはデフォルトではブラインド転送が#キーに割り当ててあります。
日本では仲介転送が普通なので、仲介転送を#キーに割り当てます。


feature.conf
[featuremap]
blindxfer => *1        ; Blind transfer  (default is #)!
atxfer => #            ; Attended transfer
これで変更できます。

内線300に転送する場合は、通話中に"#300"で、相手は保留中となり、内線300を呼び出します。
内線300と会話した後、受話器を置くと転送されます。

もし転送先が応答しない場合は、20秒ほどで元の通話相手につながります。


asteriskにはコール・パークという、相手を保留にし、決められてた内線番号に電話することで接続できる機能もある。
デフォルトでは#700で相手を保留にするのと同時に、パーク番号が電話機から通知されます。
そのパーク番号を伝えて、パーク番号にかけてもらって転送をする方法があります。

これらのキーマップを確認するには、CLIで「features show」コマンドを使います。
*CLI> features show
Builtin Feature           Default Current
---------------           ------- -------
Pickup                    *8      *8    
Blind Transfer            #       *1    
Attended Transfer                 #    
One Touch Monitor                      
Disconnect Call           *       *0    
Park Call                              
One Touch MixMonitor                    
Dynamic Feature           Default Current
---------------           ------- -------
(none)
Feature Groups:
---------------
(none)
Call parking (Parking lot: default)
------------
Parking extension     :      700
Parking context       :      parkedcalls
Parked call extensions:      701-720
Parkingtime           :      45000 ms
Comeback to origin    :      yes
Comeback context      :      parkedcallstimeout (comebacktoorigin=yes, not used)
Comeback dial time    :      30
MusicOnHold class     :      default
Enabled               :      Yes

コメント

このブログの人気の投稿

APK Expansion Filesのサンプルを動かしてみた

asteriskの保留音