2014年7月16日水曜日

asteriskの保留音

asteriskは、保留音もかなり細かく設定できます。

musiconhold.conf を編集して設定します。

musiconhold.confの例
[default]
mode=files
directory=moh
random=yes
digit=*
 
[test]
mode=files
directory=moh/test

[default]
 クラスの指定。
 特別なことをしなければ[default]クラスだけに記述しておけばOK.

mode=files
 wavファイルを使用する場合、"files"を指定。
 mp3の場合は、"mp3"を指定。

directory=moh
 保留音の音楽データが保存されているフォルダの指定。
 /var/lib/asterisk 以下のフォルダを指定。

random=yes
 フォルダ内にある音楽をランダムで再生する指定。
 これが指定されていない場合は、保留音が最後まで再生されるとフォルダ内の次のファイルが再生されます。
 再生順は、
  sort=alpha もしくは、sort=random で指定できます。

digit=*
 保留中に、指定したキーを押すと、曲が切り替わるようになります。



使用できるwavファイルは、
 8kHz,モノラルのファイルです。
 音量は、-10dBぐらいがうるさくなくてよさそう。
 ハイパスフィルターで100Hzより下をカットしておくと電話機で聞きやすいかも。

MP3は試していません。



■ダイアルプランで保留音を切り替える

 exentions.conf で、保留音の制御も可能です。

 exten => 1234,1,SetMusicOnHold(class)
 のように設定すると、"1234"番にかけた場合の保留音は、class指定したクラスの設定が使われます。


■呼び出し時に音楽が鳴らせる

 exten => 1234,1,Dial(SIP/xxxx,,m(class))

 のように、Dialのパラメータ"m"を指定すると、保留音を呼び出し音として再生します。
 メロディコールみたいなやつですね。
 クラスを指定しなければdefaultクラスの設定が使用されます。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿