3600円DIYスピーカーと、3500円bluetooth対応小型アンプで快適BGM環境



簡単ながら、初めてDIYスピーカーを作ってみた。

費用もスピーカーが3,600円程度、アンプが3,500円とリーズナブルで、なかなかいい感じに出来た。


結構前から以下記事を見て、DIYスピーカーに興味を持っていたのだが、今時bluetoothに対応していないオーディオ環境は面倒だからと、二の足を踏んでいた。

【価格破壊】たった20分で完成! 自分で作れる「3700円のスピーカー」が高音質すぎてビビった!!


しかし、以下のblouetooth対応小型アンプを発見!

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカー HI-FI アンプ レッド



早速、必要なもの全部購入。


FOSTEX スピーカーボックス P800-E
 ¥ 1,551 x 2

8Ω10W広帯域用スピーカー [F77G98-6]
 2個 ¥500

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカー HI-FI アンプ レッド
 ¥ 3,499

VFF/スピーカーコード 5m×2色 [VFF 0.3SQ 5m (RD/BK)]
 ¥350 x 2


組み立ては、スピーカユニットに線を繋いで、スピーカーボックスにネジで取り付けるだけの簡単な作業。
スピーカユニットを傾きのないようにのせて、
穴の位置をペンでマーク

穴の位置の中心をキリで少し穴をあけ、
さらに2mmぐらいのドリルで下穴を開けた。

すでに端子が取り付けられている線を、スピーカーユニットに接続。
赤が+、黒がー

付属のビスとワッシャーで組み付け。
対角線で徐々に締めていく。
ワッシャーがずれているとかっこ悪いので、
いい感じの位置にワッシャーが来るようにした。


アンプと接続

アンプの端子は、緩めると穴が空いているので、
そこに皮膜を剥いた配線を通して閉める。

アンプに付属のACアダプター。
アンプよりでかい。


アンプの電源を入れると、電子音が再生される。
この状態で、スマホからアンプがBluetoothデバイスとして見つけられる。
「F900 Music Play」を選んでペアリング。

そして音出し。

おぉぉぉ、1個250円のスピーカーユニットから出てる音ではない!!
でも、低音も高音も今ひとつ伸びがないというか、詰まった感じで柔らかいというか硬い感じかな?
まあ、こんなもんかと思ってたら、鳴らしているうちにみるみる音が柔く伸びやかになってきた。
低音はズンズン響くような感じではないが、締まった低音で、BGMとして聴くにはこれぐらいが好き。

アンプもボリューム以外に音質調整などはないが、十分いい音が出る。


DIYスピーカー面白い。
次は自分でスピーカーボックスも作ってみようと思う。
(スピーカーユニットは、そのためにもう1セット分購入済み)

コメント

このブログの人気の投稿

asteriskの内線転送

APK Expansion Filesのサンプルを動かしてみた

asteriskの保留音